オフパコ基礎知識

そもそもオフパコの言葉の意味とは?

オフパコってそもそも何?
ていうかどんな種類があるの?

ここ数年、オフパコという単語がよく聞かれるようになりました。

なんとなくの意味は知っていても、詳しく説明できるかと言われたらそうではない方も多いと思います。

ですので、改めてオフパコという言葉の意味について説明したいと思います。

そもそもオフパコの意味とは?

オフパコという単語は「オフ会」と「パコる」を組み合わせた造語です。

 

オフ会とは、インターネットで知り合った人とオフラインで会うことです。

パコるとは、セックスを表す言葉(パコパコという擬音から)です。

 

つまりオフパコとは、ネットで出会った人とセックスすることを言います。

オフパコにはどんな種類があるのか

オフパコとは言っても様々な種類があります。

例えば、

  • TwitterやInstagram、FacebookなどのSNS
  • ソーシャルゲーム
  • 出会い系サイト(マッチングアプリ)
  • ニコニコ動画やYouTubeなどの動画サイト
  • オフ会サイトなどの掲示板

などが挙げられます。

「マッチングアプリや出会い系を使ったセックスはオフパコと呼べるのか?」という議論もあったりしますが、このサイトではあくまでオフパコの1種として話を進めていきます。

実際にオフパコをするための方法

オフパコの主な流れは以下のようになります。

  1. 相手とネット上で知り合う
  2. 2人だけで会える程度の親密関係を築く
  3. 実際に2人だけで会う
  4. 会ってから「この人とならしてもいいかな」と思われるよう振る舞う
  5. 「この流れならしてもいいかな」と思われるような雰囲気へと持っていく
  6. 実際にセックスをする

 

そしてこれらの流れをスムーズに行うための概念「ACSモデル」というものが存在します。

まずはこの、ACSモデルというものが何か、ということについて解説したいと思います。

ACSモデルという概念を理解する ACSモデルとは、出会いからセックスまでを3つのフェーズに分解して考えるフレームワークです。 以下の3つに分類され...