オフパコ基本概念

男女によるセックスに対するハードルの違い

基本的に男性の方がセックスに積極的であり、女性の方がセックスに消極的です。

これは何も、男と女の性欲の差による違いというわけではなく、キチンとした理由があります。

 

そもそもとして当たり前の話ですが、人間も動物です。

我々、ホモ・サピエンスはアウストラロピテクスの後継であり、そのアウストラロピテクスはおよそ400万年前に誕生したと言われています。

人類が産業革命で電気を手に入れ、外敵に脅かされることもなくなったのなんて、この長い400万年という歴史の中でたった200年前のことです。

石器時代に人類の習性の大半が形成された石器時代に人類の習性の大半が形成された

外敵に脅かされる環境で人類が種として繁栄していくためには、優秀な子供を産むことが大切でした。

無論、現代はそのような環境でないのでそういった意識を持った人なんていないでしょうが、本能として刻み込まれているルールです。

 

そして妊娠・出産の仕組み上、男性は同時並行で何人もの女性と子作りができるが、女性は2人以上の相手と同時に子作りができません。

男女による並行子作り可否の違い男女による並行子作り可否の違い

男性が優秀な遺伝子を後世に残すためには「多くの女性と交配すること」が重要であり、女性が優秀な遺伝子を後世に残すためには「優秀な遺伝子を持った男性に絞って交配すること」が重要です。

 

妊娠・出産することによってリスクを負うのは女性の側です。

その分、慎重に相手を選ぶ必然性が発生するため「この人だ」と思えるようにならないと中々セックスに踏み切れません。

 

最近ではそういった観念が希薄化しており、繁栄よりも欲求を満たすことを目的とした行為として認識されています。

「絶対にこの人だ」から「この人ならいいかな」へと、ハードルは確実に下がっている時代です。

 

そういった観点から浮き彫りになってくる重要なポイントというものがあります。

それは、いかにして相手が許容できるラインにまで踏み込むことができるかです。

 

男女による点数のつけ方は違う男女による点数のつけ方は違う

男性というのは加点方式で、女性というのは減点方式で物事を測る習性があります。

これは異性をジャッジする際にも有効で、プラス要素(グッドポイント)を増やすことよりもマイナス要素(バッドポイント)をいかになくすかという点が肝となってきます。

それを一体どうするのかというと、ターゲット層となりうるペルソナを明確に設定しておくことです。

  • ペルソナとは何か
  • どういうターゲットを設定するべきなのか

次のページではその辺りについて書いていきます。

ペルソナを明確に設定する 商品開発などをする際に設定する架空の人格のことをペルソナと言います。 年齢や趣味、性別、好きなもの、性格などを細か...